久しぶりの雪景色

この冬の蓼科は、例年通りたいへん寒さの厳しい時期もありましたが、雪の少ない冬でもありました。

そんな話しをお客様とさせて頂くこともしばしば、、、。

 

でしたが昨日の朝は良い天気に真っ白な雪景色。。

お客様みなさま、とても喜ばれ、眺めを愉しまれていました。

真冬とは違った景色を見せてくれる春の雪。

まだまだ氷に覆われた地面から少し離れた所ではひなたぼっこする小鳥たちも。

花がまちしい待ち遠しい三月です。

日に日に温かさが増し、生き物の動きが活発になり、樹々の新芽がほのかに赤く膨らみだしています。
雀(すずめ)は、白鳥やツグミなどと違い、渡らない野鳥です。森の中には棲まないので、宿のエサ台にはやってきませんが、一年中家のそばにいて、私たちには昔からなじみ深い鳥です。
仲間と群れたり、散ったりを繰り返す賑やかな雀も、私たちと同じように、春風の運ぶ緑の季節を話し合っているのでしょうか。

女将
 

春の序章

久しぶりに諏訪湖へ白鳥を観に行きました。
湖面を静かに泳ぎ、羽ばたく姿もとても優雅です。
寒い日が続きますが、春を告げる花フクジュソウが咲いた、という知らせも届いています。
宿の庭にやってくる、イカルやヤマガラなどの野鳥たちもとても元気です。心なしか彼らに当たる光に、これまでにない温もりが感じられます。
白鳥が北に帰る日も少しずつ近づき、春を待つ私たちの胸もふくらみます。

女将

明けましておめでとうございます



平成最後のお正月です。
蓼科高原の桜が見頃を迎えるころ、新しい年号にかわります。
例年通り、正月登山で八ヶ岳を訪れている方もたくさんいらっしゃいます。
今年の干支は猪ですが、もちろん登山には「猪突猛進」はありません。
山頂で初日の出や、輝く富士山を見た後は、無事に我が家に帰ってこそ、良いお正月登山といえます。
今年を振り返るとき、何度でも過ごしたい一年になるといいですね。

女将

厳しい寒さも、、。

寒さが厳しくなってきました。

冷え込みの厳しい夜空の星の瞬きはとても美しく、朝陽と澄んだ空気は雪の八ヶ岳や青空を輝かせます。

 ”とても綺麗だった”とお客様からお聞きすると嬉しくなります。

良い天気が多い冬の蓼科の 愉しみ のひとつです。

 

新しい春の為に

日に日に寒さが増し、生き物たちが冬眠に入る頃となりました。
森や水辺では、冬鳥たちが羽を休めています。
ですが植物たちは、寒さで土が凍らないうちに、懸命に根を伸ばしています。
新しい根が、幹を成長させ、新しい芽を、そして若葉を育てます。
私たちの足下で、少し先の未来への準備が始まっています。

女将

冬が来る前に

冷え込んだ朝、落ち葉に霜が降りる日がふえてきました。
八ヶ岳の高いところも、霧氷で白くなり、濃い赤に染まる山麓との対比がとてもきれいです。
先ず、冬の寒さに備える心構えをいたします。冬囲いをし、落ち切った落ち葉をあつめます。
庭にやってくる小鳥たちに餌を用意し、常連のイカルやエナガ、
出来れば新しい野鳥を待ちたいと思います。
そして、露天風呂に舞い落ちる枯葉は、やがて真っ白な雪に変わります。

女将

木守柿、秋の光

稲刈りが済んだ田んぼで、野鳥たちが落ち穂をついばんでいます。
田んぼの背後には、秋色に染まり始めた八ヶ岳が、巨大な屏風のように広がっています。
毎年この時期、秋の光を浴びた峰々は、小さな尾根の一筋までほかの季節よりくっきり見えるような気がします。
残り少なくなった柿を盛んに突くヒヨドリ、イワシ雲の下を群れ飛ぶアキアカネ、小さな命の静かな営みと共に、ゆっくり深まる信州の秋です。

女将

台風一過のたてしな藍です

先日の台風通過により、この辺り一帯が多くの倒木により停電になりました。

30日夜9時半過ぎ、突然真っ暗になり、電話もテレビもインターネットも動かず、丸二日。。

お客様皆さまには大変ご迷惑、ご心配をおかけしました。

お出掛け頂けず、改めて御予約をくださったお客様もあり、嬉しく有り難い気持ちでいっぱいです。

実りと紅葉のシ-ズン 10月。良い天気が続きますように。

 

初秋の高原にいらっしゃいませんか

台風に続き大きな地震、被害に遭われました方々、ご関係者様、心よりお見舞い申し上げます。

八月の賑やかさが少し懐かしいような、蓼科の初秋です。

ほんのり色づき始めたモミジの葉、ススキの穂、秋の花。

夏の暑さを忘れさせてくれる、高原の秋風です。